2007年12月25日

【米国】メリルリンチ 62億ドルの資本増強

2007年12月24日、米国の証券大手メリルリンチは、シンガポールの政府系投資ファンド「テマセク・ホールディングス」などから計62億ドルの出資を受けると正式発表した。

テマセクはメリルリンチが発行する44億ドルの新株を購入する。また、6億ドル分を購入する権利を得る。
米国の投資顧問会社デービス・セレクテッド・アドバイザーズも12億ドルを出資する。


posted by manekoto at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年12月22日

【フランス】クレディ・アグリコール 25億ユーロの損失計上

2007年12月20日、フランスの銀行大手クレディ・アグリコール(CA)は、サブプライムローン問題の影響で、25億ユーロの有価証券評価損を計上すると発表した。
posted by manekoto at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年12月20日

【米国】モルガン・スタンレー 9-11月期赤字転落 中国政府系ファンドが出資へ

2007年12月19日、米国の大手証券モルガン・スタンレーは、サブプライムローン関連で2007年9-11月期決算で94億ドルの損失が発生し、最終損益は35億8800万ドルの赤字(前年同期は22億600万ドルの黒字)に転落した。

同社は同時に、中国の政府系ファンド中国投資有限責任公司から50億ドルの出資を受け入れると発表した。

モルガン・スタンレーは、サブプライムローンを担保とした金融商品が大量に格下げされたため、保有する関連資産を減損処理をする。
posted by manekoto at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年12月19日

【フランス】シャルル・ジョルダンに清算宣告

2007年12月17日、フランス南部ドローム県のロマンシュールイゼール商事裁判所は、老舗の皮革・服飾メーカー「シャルル・ジョルダン」に清算を宣告した。197人の従業員は解雇される。

同社は9月から会社更生手続きに入っていた。
posted by manekoto at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年12月14日

【米国】ワコビア サブプライム関連で追加損失

2007年12月12日、米国の銀行大手ワコビアが、10-12月期決算で10億ドルのサブプライムローン関連の追加損失を計上する見通しが、米証券取引委員会(SEC)へ提出した資料で明らかになった。

住宅ローン債権に加えて、証券化商品、企業買収に用いるLBO向け融資に損失が発生したという。
posted by manekoto at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

【米国】バンク・オブ・アメリカ サブプライム関連で追加損失

2007年12月12日、米国の銀行大手バンク・オブ・アメリカが、サブプライムローン問題に関連して、10-12月期決算に33億ドルの追加損失を計上することが、同行が米証券取引委員会(SEC)へ提出した資料で明らかになった。

住宅ローン債権で担保となった住宅価格の下落が響いた。
posted by manekoto at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年12月12日

【米国】ワシントン・ミューチュアル 資本増強と事業縮小

2007年12月10日、米国の貯蓄貸付組合最大手ワシントン・ミューチュアルは、増資と株主配当の減配などによる資本増強策と住宅ローン事業の縮小計画を発表した。サブプライムローン問題の影響でローンの焦げ付きが増加、同事業の収益が悪化しているため。

増資は、25億ドルの転換権付優先株を発行する。

住宅ローン事業の縮小は、これまで年間の貸出し額を約2.4兆ドルに設定していたが、4割減の1.5兆ドルに縮小。
全米の住宅ローン事務所336カ所のうち190カ所を閉鎖。
2600人の従業員を削減。
posted by manekoto at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年12月07日

【米国】ブリストルがリストラ 約4300人削減

2007年12月5日、米国の製薬大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブは、2010年までに従業員の10%にあたる約4300人を削減し工場を半減させると発表した。割安な後発薬(ジェネリック)との競争が厳しくなっており、事業の選択と集中で収益力を高めるのが狙い。

ブリストルは栄養食品や一部医薬品事業を売却し、今後成長が期待できる糖尿病やがんの治療薬に集中する。

合理化費用は合計9-11億ドルを見込み、このうち3億ドルを2007年10-12月期に計上する予定。
posted by manekoto at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年12月06日

【米国】ダウケミカルがリストラ 従業員1000人を削減など

2007年12月4日、米国の化学大手ダウ・ケミカルは、全従業員の2%に当たる1000人を削減すると発表した。

原料高などで収益率が悪化している事業の製造拠点閉鎖や規模縮小などを進める。

具体的には、
◇ウエスト・バージニア州の拠点を縮小し、研究開発などを担当する約200人を削減。
◇北米・アジア太平洋・中南米地域で自動車の下塗り剤事業から、今後1年半以内に撤退する。
◇ルイジアナ州のポリプロピレン工場を2007年内に、ブラジルのセルロース工場を2008年3月までに閉鎖する。
◇2008年1月にブラジルのスチレン工場を操業停止する。

2007年10-12月期に5-6億ドルの特別支出を計上する見通し。
リストラ完了後は年間1億8000万ドルの経費削減効果を見込む。
posted by manekoto at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年12月01日

【米国】Eトレードに25億ドル資金注入 ヘッジファンドが救済

2007年11月29日、米国のネット証券大手Eトレード・ファイナンシャルは、ヘッジファンド大手シタデル・インベストメント・グループから総額25億ドル余りの資金注入を受けることを発表した。

シタデルは、サブプライムローン問題の影響で価値が急低下したEトレードが保有する額面30億ドルの資産担保証券(ABS)を8億ドルで買い取るほか、Eトレードの無担保普通社債と株式を17億5000万ドルで購入する。今回の支援で、シタデルのEトレード持ち株比率は約20%になる。
posted by manekoto at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年11月30日

【米国】ベアー・スターンズ 従業員650人追加削減

2007年11月28日、米国の証券大手ベアー・スターンズは、全従業員の4%に当たる650人を解雇することを明らかにした。サブプライムローン関連で損失がかさんだため。

同社はサブプライムローン問題による金融不安が本格化した2008年8月以降、既に約1500人の削減を進めている。

同社は2007年9-11月期の決算で、住宅ローンに関連した有価証券の評価損などで12億ドルの損失を計上し、赤字に転落する見通し。
posted by manekoto at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

【英国】暖房・配管大手ウルズリー 米国の従業員1300人追加削減

2007年11月28日、英国の暖房・配管大手ウルズリーは、2007年11月-2008年1月期中に、米国の従業員の約2%に当たる約1300人を削減すると発表した。住宅市場の低迷で売り上げが落ち込んでいるため。

同社は2007年8-10月期にも1700人を削減した。
posted by manekoto at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2007年11月17日

【米国】フォードが追加人員削減へ 低賃金従業員と入れ替え

2007年11月15日、米国のフォード・モーターは、新たな人員削減を実施する方針を明らかにした。
年内をめどに早期退職勧奨により、現在の工場従業員を減らし、新たに導入する低賃金体系で働く従業員と入れ替える。削減の規模は不明。

フォードは、全米自動車労組(UAW)と14日に正式合意した新労働協約に基づき、時間給を現在の半分にした賃金体系を導入する予定。

フォードは、2008年までに最大3万人を削減する合理化計画を実施中。

早期退職で人員削減を加速し、早い時期に労務費の安い社員の比重を高める狙い。
その代わり、北米16工場の閉鎖計画を見直し、閉鎖済みと閉鎖決定済みの工場が合わせて10拠点のうち、5拠点は今後4年間存続させる考えを示した。
posted by manekoto at 09:02 | TrackBack(0) | 経営

2007年11月09日

【米国】モルガン・スタンレー 37億ドルの追加損失を発表

2007年11月7日、米国の証券大手モルガン・スタンレーは、サブプライムローンに関連して2007年10月末時点で37億ドルの追加損失が発生したと発表した。9-11月期決算に計上する見込み。

モルガンは、6-8月期決算でサブプライムローン関連損失14億6000万ドルを計上している。
posted by manekoto at 07:41 | TrackBack(0) | 経営

2007年11月02日

【米国】クライスラー 最大1万人追加削減

2007年11月1日、米国の自動車大手クライスラーは、8,500-10,000人の工場従業員を追加削減すると発表した。ホワイトカラーの削減も1000人上積みする。

2008年にかけ北米の完成車工場のうち5拠点で操業シフトを減らす。
「ダッジ・マグナム」など4車種の生産を中止する。

クライスラーは2007年2月に、ホワイトカラー2000人を含め1万3000人の削減計画を公表していた。

posted by manekoto at 07:49 | TrackBack(0) | 経営

2007年10月26日

【米国】バンク・オブ・アメリカ大規模リストラ 投資銀行部門3000人削減

2007年10月24日、米国の銀行大手バンク・オブ・アメリカは、大規模なリストラ策を発表した。

投資銀行部門の社員2万人のうち15%に相当する3000人を削減。
同部門責任者を交代。(後任には資産運用部門の責任者を起用。)
posted by manekoto at 08:57 | TrackBack(1) | 経営

2007年10月19日

【英国】BBCが大規模リストラ 2500人削減へ

2007年10月18日、英国国営放送(BBC)は、人員の1割強にあたる2500人の削減や独自制作番組の縮小などを柱とする大規模なリストラ策を発表した。

向こう6年間で年3%のコスト削減を計画。
独自制作の番組を2013年までに10%減らす。主にドキュメンタリー番組、報道番組など。
本部機能のある「テレビジョン・センター」を売却する方針。
削減対象の2500人のうち700人は配置転換で、実質的な人員削減は1800人。
タグ:BBC リストラ
posted by manekoto at 07:36 | TrackBack(0) | 経営

2007年10月11日

【米国】ビール大手SABミラーとクアーズが米国事業を統合

2007年10月9日、米国のビール大手SABミラー(シェア2位)とモルソン・クアーズ・ブリューイング(同3位)は、米国事業を統合する計画を発表した。

醸造所、流通、販売を統合する。
コスト削減と同時に、経営規模を拡大することで最大手アンハイザー・ブッシュに対抗するのが狙い。

新会社「ミラークアーズ」を立ち上げる。
新会社の議決権は半々とし、利益はミラーが58%、クアーズが42%で分配する。

米国外の事業やライセンスはこれまで通り2社が別々に行う。
posted by manekoto at 08:12 | TrackBack(0) | 経営

2007年10月06日

【米国】アルコア 2部門を売却へ

2007年10月4日、米国のアルミ大手アルコアは、包装資材・一般消費財事業と自動車用部品事業の2部門を近く売却することを明らかにした。また、米州と欧州の電気・電子ソリューション事業も再編を計画している。

同社はこれに伴い、2007年の第3四半期決算で計8億4500万ドルの特別損失を計上する見通し。
タグ:アルコア
posted by manekoto at 08:57 | TrackBack(0) | 経営

【米国】GEリストラ 白熱電球事業を縮小 工場数カ所を閉鎖へ

2007年10月4日、米国のゼネラル・エレクトリック(GE)は、白熱電球事業を縮小すると発表した。

2008年11月までに米国とブラジルの工場数カ所を閉鎖し、従業員1400人を削減する。

白熱電球事業は、トーマス・エジソンが発明し、同社創業当初からの事業。
posted by manekoto at 08:52 | TrackBack(0) | 経営

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。