2007年12月13日

【米国】2007年12月の穀物需給

2007年12月11日、米農務省は2007年12月の穀物需給を発表した。

米国産大豆の推定期末(2008年8月末)在庫量を1億8500万ブッシェルとし、前月の2億1500万ブッシェルから大幅に下方修正。中国向けなど輸出が拡大するとの見込み。

トウモロコシの推定期末(同)在庫量は、前月から1億ブッシェル減の17億9700万ブッシェルに下方修正した。

小麦の推定期末(2008年5月末)在庫量は、前月から3200万ブッシェル減の2億8000万ブッシェルとした。


posted by manekoto at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年12月05日

【オーストラリア】2007年度の小麦生産を上方修正

2007年12月4日、オーストラリア農業資源経済局(ABARE)は、2007年度(2007年7月-2008年6月)の小麦収穫量が約1270万トンになるとの見通しを発表した。10月時点の発表から60万トン上方修正した。

西部のウエスタンオーストラリア州や南東部のビクトリア州など4州で生産がやや持ち直したが、依然として過去5年間平均の6割弱にとどまっている。
posted by manekoto at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年11月29日

【EU】地中海クロマグロ 15年間の漁獲規制

2007年11月27日、欧州連合(EU)は、地中海産のクロマグロについて今後15年間に及ぶ包括的な漁獲規制の導入を決めた。

2008年からEU加盟国に対し欧州委員会への事前報告を義務付ける。
漁船ごとに漁獲割り当てを定める。
など、資源管理を厳格化する。
posted by manekoto at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年11月20日

【国際会議】ICCAT クロマグロ漁獲停止案を否決

2007年11月18日、大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)はトルコで開いた年次総会で、米国が提案した東大西洋と地中海でのクロマグロの漁獲を3-5年間停止する「モラトリアム」案を否決した。

代わりに漁獲規制順守の具体策を2008年の年次総会までに各国がICCAT事務局に提出することなどで合意した。
posted by manekoto at 07:08 | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年11月11日

【米国】2007-08年度の期末在庫 穀物需給統計

2007年11月9日、米農務省が発表した米穀物需給統計によると、

小麦の2007-08穀物年度(2007年6月-2008年5月)の推定期末在庫は 3億1200万ブッシェル(前回の予想より500万ブッシェル増加)

トウモロコシの2007-08年度(2007年9月-2008年8月)の期末在庫は18億9700万ブッシェル(前回の予想より1億ブッシェル減少)

大豆は2億1000万ブッシェル(同500万ブッシェル減少)
posted by manekoto at 06:52 | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年10月31日

【オーストラリア】2007年度の小麦生産 再び下方修正

2007年10月30日、オーストラリアの農業資源経済局は、2007年度(2007年7月-2008年6月)の小麦収穫量の見通しを約1210万トンと発表した。9月に続く下方修正。東部の農業地域などで少雨が続いていることが影響している。
posted by manekoto at 08:47 | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年10月14日

【米国】2007年10月の穀物需給統計

2007年10月12日、米農務省が発表した2007年10月の穀物需給統計

米国産小麦の期末(2008年5月末)時点の推定在庫量
前月の見込みから5500万ブッシェル減の3億700万ブッシェルに下方修正。

米国産大豆の期末(2008年8月末)在庫は2億1500万ブッシェル(前月比横ばい)
トウモロコシの期末(同)在庫は19億9700万ブッシェルに上方修正(前月比3億2200万ブッシェル増)
posted by manekoto at 06:11 | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年09月21日

【EU】地中海産クロマグロ 年末までの漁獲禁止を通告

2007年9月19日、欧州連合(EU)は、地中海や東大西洋でのクロマグロの漁獲を2007年末まで禁止する措置を加盟国に通告した。

2007年のEU全体の漁獲量が、大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)が定めた漁獲割当量の上限に達したため。
posted by manekoto at 08:04 | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年09月19日

【オーストラリア】2007-08年度の小麦収穫量見通しを下方修正 干ばつの影響

2007年9月18日、オーストラリア農業資源経済局(ABARE)は、干ばつの影響で、2007/08年度の小麦収穫量見通しを31%下方修正した。

6月の前回の見通し2250万トンから1550万トンに修正した。
posted by manekoto at 07:38 | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年09月14日

【米国】2007年9月の穀物需給見通し

2007年9月12日、米農務省が発表した2007年9月の穀物需給によると、

<小麦>
米国産小麦の推定期末(2008年5月末)在庫量を前月比4200万ブッシェル減の3億6200万ブッシェルに下方修正した。
干ばつに見舞われているオーストラリアなどの減産で、輸出が増えるとみている。

<トウモロコシ>
2007-08年のトウモロコシ生産量は、過去最高の133億800万ブッシェル(前期比2億5400万ブッシェル増)になると推定。
エタノール需要を見込んだ農家が大豆から作付けを切り替えるとみているため。

<大豆>
大豆の生産量は26億1900万ブッシェル(前期比600万ブッシェル減)の見込み。
posted by manekoto at 07:52 | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年08月12日

【米国】2007年8月穀物需給を発表

2007年8月10日、米農務省が発表した8月の穀物需給。

米国産大豆の推定期末(2008年8月末)在庫量を、旧穀の在庫減を理由に前月比2500万ブッシェル減の2億2000万ブッシェルに下方修正した。

米国産小麦の推定期末(2008年5月末)在庫量も、生産減を見込み前月比1400万ブッシェル減の4億400万ブッシェルに下方修正した。

エタノール需要を見込み農家が大豆から作付けを切り替えたトウモロコシの生産量は、130億5400万ブッシェルと前月比2億1400万ブッシェル増に上方修正。
posted by manekoto at 07:03 | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年08月04日

【食糧】FAO予測 世界の穀物生産

FOA(国連食糧農業機関)は、世界の穀物生産量が21億2100万トン(前年比5.3%増)になると予測した。

■米州を中心に生産拡大が加速。
■旱魃や洪水など気候変動の影響でアフリカの作柄は悪化。
■燃料向けと食糧の両面で世界の穀物争奪戦が広がる。
posted by manekoto at 06:33 | TrackBack(0) | 農業・漁業

2007年07月14日

【米国】7月の穀物需給

2007年7月12日、米農務省は7月の穀物需給を発表。

■米国産トウモロコシの推定期末(2008年8月末)在庫量を前月比5億500万ブッシェル増の15億200万ブッシェルと大幅に上方修正。
■トウモロコシへの切り替えで減産が見込まれる大豆の推定期末(2008年8月末)在庫量は、前月比7500万ブッシェル減の2億4500万ブッシェルに下方修正。
■世界の小麦の推定期末(2008年5月末)在庫量は、前月から452万トン増の1億1,655万トンに上方修正。世界在庫は依然26年ぶりの低水準。

この発表を受けたシカゴ穀物市場の反応は限定的。

1ブッシェル=35リットル

米国情報
posted by manekoto at 08:20 | TrackBack(0) | 農業・漁業

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。