2007年12月31日

【中国】穀物に輸出関税

2007年12月30日、中国財政省は、2008年1月1日からの1年間、小麦、コメ、大豆などの穀物と穀物製品の8種類57品目に、5-25%の輸出関税を課すと発表した。

食品価格の高騰に歯止めがかからないため、穀物輸出を減らし国内消費向けに回すことが狙いで、20日に実施した穀物の輸出を促す輸出税還付の廃止に続く措置。

税率は麦類が20%、麦類製粉が25%、コメ、トウモロコシは5%など。


posted by manekoto at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貿易
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。